「先生ごめんなさい」第1巻・第1話「不思議な来訪者」のネタバレと感想

魅力的な女性とキレイな絵、そして、エッチな描写でいつも楽しませてくれる黒澤R先生。

今回は、黒澤R先生の漫画「先生ごめんなさい」の第1巻から、第1話「不思議な来訪者」のネタバレと感想です。


先生ごめんなさい

「先生ごめんなさい」第1巻「不思議な来訪者」のネタバレ

「先生ごめんなさい」は、田舎の大きな家に引越しをするシーンからはじまります。

引っ越してきたのは「先生ごめんなさい」のヒロイン・岩本ゆず、その旦那のきよし、きよしの父・巡一の3人。

ゆずは、明るくて活発で、とてもキレイな女性。都会育ちのお嬢様です。

きよしは、元ヤンっぽい雰囲気。

そして、巡一は元・学校の先生で、記憶が混乱しています。

さて、3人が引越した先の家屋に、小学生の男の子が隠れていました。

名前はほたる、引越し先を「俺の家だ」と言って座り込みます。

ゆずが、「私たちも、ここに一緒に住んでいいかなあ?」ほたるに言うと、コソコソと耳打ちを返します。

(ほたるに冷たいきよしを追い出せと言ったようですね・笑)

こうやって4人が、田舎の一軒家で暮らし始めるところから、物語はスタートしていきます。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓
先生ごめんなさい

「先生ごめんなさい」第1巻「不思議な来訪者」の感想

魅力的なヒロイン・ゆず

黒澤R先生の作品は、どれをとっても、本当に絵がキレイで、いつも感心してしまいます。

そして、登場する女性が本当に魅力的なんですよね~。

この「先生ごめんなさい」も、とてもキレイな描写ですし、ヒロイン・ゆずが明るくてオープンな性格、おまけにダンナ・きよしを軽~く投げ飛ばしたりと、すぐに魅かれてしまいました。

トピックス1

第1巻「不思議な来訪者」では、2つのトピックスがあります。

ひとつめは、義父・巡一がパジャマのまま、庭の池に入り込み、持ってきた金魚を放すシーン。

下半身びしょ濡れになりながら、

 広い池のほうが・・・、金魚も嬉しいんじゃないかなぁ

 お姉ちゃんもそう思わない

とゆずに語りかけ、ゆずはやさしく、

うん、そうだね。巡ちゃん

と応えます。

巡一は痴呆症か記憶障害か?その原因は?と気になるところです。

トピックス2

もうひとつのシーンは、ゆずが、

 なんだか楽しくなりそうですね。

 ねえ?

 先生・・・

と言いながら、巡一に後ろからそっと抱き付きます。

ここでは、ゆずが巡一の教え子だったことを思わせますが、抱きつくあたり、ただならぬ関係だったことがプンプンしてきますね。

このように、ストーリーは、ゆずと巡一との過去に大きな関係がありそうで、そこにきよしやほたるが、どう絡んでいくのか、これらがとても気になります。

おわりに

「先生ごめんなさい」は、第1話は、ちょこっとしたエピソードが出ただけなのに、グググッと引き寄せられる内容でした。

黒澤R先生の作品は、間違いなく面白いものばかり、この「先生ごめんなさい」も、きっと最後まで楽しめそうで期待は高まります。

ちなみに、エロシーンはありませんでした(笑)。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓
先生ごめんなさい

<続きはこちら>

「先生ごめんなさい」第1巻・第2話「行くもんか」のネタバレと感想

<「先生ごめんなさい」の記事>

omotanemanga