「金魚妻2」のあらすじと感想。ストーリー性がさらにパワーアップして読み応えたっぷりです

人妻の爽やか(笑)の不倫劇を描いた黒澤R先生の漫画「金魚妻」。

今回は、その続編となる「金業妻2」をご紹介します。

<「金魚妻」の記事はこちら>

「金魚妻」のあらすじと感想。不倫ものなのに妙に爽やかな?気分に浸れる漫画


金魚妻2

「金魚妻2」の紹介

前作に引き続き、「金業妻2」も、読みきりの短編集となっています。

今回は5つのストーリーが収録されていて、うち「金魚妻」と「弁当妻」は前編の続き、そして、あらたに、「頭痛妻」、「芳香妻」、「園芸妻」の3人の不倫妻が登場します。

どの人妻も前作同様に魅力的ですよ~。

そして、前作よりも、ストーリー性がさらにパワーアップして読み応えたっぷりです!

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
金魚妻2

 「金魚妻2」のあらすじ

頭痛妻

タワーマンションに暮らす40歳のセレブ妻。

彼女は超キワドイ下着をつけて、川沿いのホームレスが住む小屋に向かいます。

この人妻は、半年前からこの小屋で暮らすタクゾーと不倫関係にあったのです・・・。

飼い犬が散歩中、タクゾーへのもとに駆け寄っていったことがきっかけで、2人は立ち話を始めます。

しかし、ダンナの話題になったとたん、人妻は頭痛に襲われ、タクゾーの小屋で休むことに。

ふと気付くと、自分の下半身をむさぼるタクゾーが・・・。

芳香妻

融が会社の二次会から逃げ出す手助けしをした薫。

「ちょっと聞いてくださいよ薫さーん」

東京にいる彼女に”もう会えない”と言われたとタクシーの中でそう喚く融。

流れのまま融の家でお茶することに。

そこで、融は趣味でアロマオイルを作っていて、どうしても”作りたい香りがある”と言います。

その香りとは、融が幼い頃、面倒を見てくれた親友の母の香り。

そして、その親友の母こそが融の“彼女” であることと、最近、彼女に乳がんが発覚し、本気で別れを告げてきたのだと語るのです。

さらに、その親友の母の香りが似ていると、薫にアロマの完成を手伝ってほしいとお願いするのです・・・。

園芸妻

ホームセンターの園芸コーナーに勤める花純(かすみ)。

ヤクザ者のダンナ・一久は、普段は家に寄り付かず、義弟の史久、娘の紀里と暮らしています。

ある日、突然帰宅してきた一久は、傍若無人な振る舞いをします。しかし、花純と史久は、ひたすら言いなりになるしかなかったのです。

一久のひどい仕打ちに耐え切れなくなった花純は、ある日、ついに行動に出たことを史久に告白します。

その行動とは・・・。

金魚妻2

「金魚妻」の続編です。

金魚屋の主人と不倫関係となり、そこで暮らしていたさくら。

しかし、さくらの夫が金魚を飼ったものの、しっかりと世話ができていないことを知ったさくらは、金魚の世話をするために自宅へ戻ります。

“良かった無事で”

こう言ってさくらを抱きしめた夫。

ですが、すぐにさくらに暴力をふるいはじめたのです・・・。

再び金魚屋に戻ったさくらが取った行動は・・・。

弁当妻2

こちらも前作の続きです。

こちらは本編でお楽しみください(笑)。

かなり、エロいですよ。

金魚妻2

「金魚妻2」の感想

前作の「金魚妻」は、どれもあっけらかんとして、爽やかな不倫劇を描いたものでしたが、「金魚妻2」は、さらにストーリー性がパワーアップしています。

「頭痛妻」と「芳香妻」では、じんわりと来る人間ドラマが描かれる一方、「園芸妻」はかなり鬼畜なダンナと、その復讐を果たすヒロインが、また「金魚妻2」でも、クズ旦那と戦うたくましい姿が印象的です。

(「弁当妻2」は、・・・笑)

今回も不倫をテーマに扱ったものですが、じめじめした感じはいっさいありません。

そして、黒澤R先生の絵は、相変わらずとてもキレイです。

「金魚妻2」、不倫を通じてそれぞれの女性の生き方が描かれた作品、おすすめです!

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
金魚妻2

<「先生ごめんなさい」の記事>

omotanemanga