「復讐の未亡人」第3巻の軽いネタバレと感想。主人公・鈴木蜜のドロドロとした過去が暴かれる

こんにちは。

黒澤R先生著の「復讐の未亡人」第3巻の軽いネタバレと感想をお届けします。

今回は、主人公・鈴木蜜のドロドロとした過去が暴かれていきます。


復讐の未亡人

「復讐の未亡人」第3巻の軽いネタバレ

叔母に預けられた育った蜜ですが、母親の再婚を機に一緒に暮らし始めることに。

この母親というのが、ひどい女なんですね。

虚言癖があって、しゃべりだしたら止まらなくなるウザイ女。

おまけに、とても腹黒いのです。

お世辞にも美人とは言えない母親は、キレイに生まれ育った蜜のことを密かにねたましく思っています。

この母親は、キレイな顔をした密を利用して、再婚しようとするのです。

再婚相手が蜜に対して下心ありありなのを分かっていながら、それを逆手に取ろうとするのですね。

ロリコン?の再婚相手は親切心を装いながら、蜜に軽く手を出してきます。

また、再婚相手には連れ子がいて、蜜にとっては義理の兄ができます。

こいつがまた、ろくでもない男で、蜜の身体を触ってきたり、シャワーを浴びている蜜を写真に撮ったりするのです。

そして、その写真を友人にメールし、「こいつ、何しても大丈夫だから」ととんでもないことを言うのです・・・。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
復讐の未亡人

「復讐の未亡人」第3巻の感想

今回も、復讐にまでは至りませんでしたが、蜜の過去が暴かれていきました。

娘を平気で売る母親に、ロリコンの義父、クズ野郎の義兄。

何ともまあ、ひどい家庭で暮らしていたわけです。

蜜本人は、とても人当たりは良い人ですが、「復讐の未亡人」というくらい性根がすわっていて、平気でエグイことができるのは、こんな家庭環境で育ったからなのでしょう。

それと、元夫の優吾との関係も明らかになります。

おそらく小学生の頃から肉体関係をもっていたのですが(笑)、二人の関係性には意外なものがあり、さらに、弟の関わり方も不思議なもので、「ほぉ、そうきたか」と思わずうなってしまいました。

今回も、1巻あたりのボリュームが少ないのが残念でしたが・・・。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
復讐の未亡人

Amazon・Kindle版はこちら >>> 復讐の未亡人

<「復讐の未亡人」関連記事>

<復讐関連漫画の記事>

<大人向けの漫画関連記事>

omotanemanga