「外面が良いにも程がある。」第2話のあらすじ・ネタバレと感想。【業務上偽装恋愛】

尾崎衣良先生の恋愛漫画「外面が良いにも程がある。」から、第2話「業務上偽装恋愛」のあらすじ・ネタバレと感想をお届けします。

このお話も、どんでん返しが楽しめて、スッキリ感100%の満足度ですよ。

「業務上偽装恋愛」のあらすじ

大手企業から転職してきたヒロイン・玉名栞(たまな しおり)。

しっかりとした仕事ぶりと気の利いた対応、そして、いつも笑顔を絶やさない姿は、男性社員にとって「癒し」の存在でした。

職場で仕事をする栞に近付くイケメン男性が。

彼は、突然、

「僕と結婚を前提にお付き合いして下さい!」

と告白したのです。

この男性は、会社の御曹司・長洲。

彼は、

 決してでしゃばらず、常に男性を立て、しっかり仕事する控えめな姿・・・

 女性に一歩後ろをついてきて欲しい自分にとって、栞は理想そのもの

と言うのです。

しかし、栞は実は・・・。

一方、妬みやっかみで腹の虫がおさまらない女性陣。

影で栞のことを、

 大した仕事もしてないくせに玉の輿ですか

 毎日残業頑張ってるあたしたちってなんなのって感じ

 超理不尽!

と毒づきます。

ある日、職場の同僚が、事務処理を忘れていたという大ポカが発覚します。

栞のことを嫌っている女子社員は、長洲からお得意様にお詫びするよう栞に言付けさせようとします。

そのとき、栞に向かって、

「普段、大した仕事をしてないんだから、こんなときくらい役に立ちなさいよ」

と言い放ったのです。

これを聞いて、栞が取った行動は?!

その時の彼女のセリフは?!

メッチャ、しびれますよ~。

[ハンディ一般]外面が良いにも程がある。↑ 無料で試し読みできます ↑

「業務上偽装恋愛」のネタバレ

「業務上偽装恋愛」では、3つの大きなどんでん返しがあります。

そのひとつは、栞の本性。

彼女、会社では控えめでしおらしく振る舞っていたのですが、実はそれは、しっかりと計算した上での行動。

本心は、かなり「黒い」ものがあるんですねぇ~。

ふたつめは、栞はものすごく仕事ができる人だったんです。

周りからは、大した仕事をしてないと思われていましたが、その実、目に見えないところで、しっかりと仕事をこなしていたのです。

そして、3つめは・・・

これは、本作を読んで確認してください^^

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓

外面が良いにも程がある。

「業務上偽装恋愛」のネタバレ

いやぁ~、スッキリしましたねぇ。

わりと早い段階で、栞の黒い部分が見えて、「お、これは、どうなるか?」と気を引かれていたら、テンポよく話が進みます。

そして、職場の危機に際して、栞が取った行動と彼女が言ったセリフ(というか、タンカを切ったというか)が、メッチャメチャ快感なんです!

「キタ、キタ~!」

って感じで、カタルシス最高でしたね(笑)。

おまけに、さらにその後のどんでん返し、これは御曹司・長州なんですが、「よくぞ、言った!」と言う内容でした。

(カッコ良すぎて、鼻につくところもありましたけど・笑)

「外面が良いにも程がある。」第2話「業務上偽装恋愛」は、どんでん返しが楽しめて、スッキリ感いっぱい、読んでよかった~と思える漫画でした。

「外面が良いにも程がある。」の4作品の中でも、一押しのお話です。

ぜひ、一度、読んでみてください!

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓

外面が良いにも程がある。
*「業務上偽装恋愛」は、「外面が良いにも程がある。」に収録されています。
omotanemanga