「外面が良いにも程がある。」第1話のあらすじ・ネタバレと感想。したたかな女の本性が怖い?

尾崎衣良先生の恋愛漫画「外面が良いにも程がある。」から、表題となっている第1話のネタバレと感想です。

↑ 無料で試し読みできます ↑

「外面が良いにも程がある。」第1話のネタバレ

主人公は、瀬高25歳。

「裏の顔」はうまく隠して、愛想よく外面よくしていたほうが、おいしいとこ取りができると考えているイケメンのチャラ男。

元カノにセットしてもらった合コンで、女性陣に点数をつけ「今日は、ハズレだな・・・」と思いつつ、表面上は良い人を装います。

そして、「優しいんですね・・・」と言う相手に、「はえーよ45点女、イチコロかよ」と心の中でうそぶくような奴なんです。

瀬高が最低点となる20点をつけたのは、メガネをかけていて、髪は後ろでひとまとめにしており、合コンらしからぬ服装で参加していた吉野安貴。

しかし、その彼女があまりにキレイに食事するので、ついつい見入ってしまいます。

それに気付いた元カノが「純情だから手を出したらダメ」と茶化す中、急に帰ると言い出した安貴。

「俺のせい?」

と気にした瀬高は、後を追いかけます。

2人になった瀬高に向けて、安貴は、

「合コンに誘っておいて、人を「純情」と決め付けて、それだから手をだすななんて

バカにしてますよね

と淡々と話すのです。

これを聞いた瀬高は、

「そんなことない・・・、俺、吉野さん狙いだし・・・」

と言って、翌日、デートに誘うのでした。

しかし、他でもない瀬高自身が、なぜ、そんなことを言ったのか?どうして、デートに誘ったのか、不思議でならなかったのです・・・。

日を空けて、瀬高は安貴をデートに誘うのですが、軽く断られます。

翌日も、その翌日も、いくら誘っても、

「今日は残業です」

と冷たい仕打ちを受ける瀬高は、もしかして、自分はフラレタのか?と落ち込むのです。

そして・・・。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓

外面が良いにも程がある。

「外面が良いにも程がある。」第1話の2つのどんでん返し

「外面が良いにも程がある。」には、2つのどんでん返しが待っています。

一つは良くあるパターンで「うん、うん。来た、来た」とにやけながら読みましたが、もう一つは、かなり意外なものでした。

(こちらのバナー広告に、2つのどんでん返しのヒントが出てますよ)

「外面が良いにも程がある 。」の感想

この物語のおもしろいところは、何と言っても2つめのどんでん返しですね。

合コンのあとの

「バカにしてますよね」

という言葉を口にした安貴は、なかなかの女性だなと思いましたが、終盤になって見えてくる彼女の本性は、したたかもしたたか、とっても「黒い」んです(笑)。

安貴を合コンに誘ったくせに、小ばかにした元カノなんて、軽~く手玉にとられてるんですよねぇ。

この意外などんでん返し、読んでて、ほんとスカッとしました。

[ハンディ一般]外面が良いにも程がある。↑ 無料で試し読みできます ↑

でも・・・、よくよく考えてみたら、安貴という女性のしたたかな本性って、かなり怖いんですよねぇ。

あの人、おバカなフリして、ホントにバカなんですかね?

というセリフは、瀬高じゃなくても、びくっとするものがありました(笑)。

2つのどんでん返しが楽しめる「外面が良いにも程がある。」には、読後の爽快感とともに、女の本性の怖さがかいま見られる面白い作品です。

こちらは、電子コミックのみで楽しめます。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓

外面が良いにも程がある。
<「外面が良いにも程がある。」の記事>

omotanemanga