漫画「マイホームヒーロー」第1巻のネタバレ・あらすじと感想。へタレパパと詐欺師パパのスリリングなバトルがたまらない!

こんにちは。

コミックの表紙絵と「マイホームヒーロー」というタイトルから、ほのぼのとしたファミリー漫画を想像していたのですが・・・、読んでみたらファミリー漫画はファミリー漫画でも、とってもスリリングでスピーディーなサスペンス漫画で、一気にはまってしまいました。

良い意味で期待を大きく裏切ってくれたおもしろ漫画「マイホームヒーロー」第1巻のネタバレと感想をお届けします。

マイホームヒーロー

「マイホームヒーロー」の登場人物

鳥栖哲雄(とすてつお)
主人公。47歳、玩具メーカー勤務の営業課。どこにでもいそうなしがないサラリーマン。推理小説が大好きでネットで読んだり自分で投稿もしている。一人暮らしをしている娘鳥栖零花(とすれいか)を溺愛している。
鳥栖歌仙(とすかせん)
哲雄の妻。常識人ぽい見かけとは裏腹に、考えることややることは大胆と言うか天然系なのだが、案外しっかりとした一面も持つ女性。
鳥栖零花(とすれいか)
哲雄と歌仙の娘の女子大生。年頃の女の子らしくパパの哲雄に反抗的な態度を取っているが実は好き。麻取延人(まとりのぶと)と付き合っている。
麻取延人(まとりのぶと)
零花と付き合ってはいるが、和服店を営む哲雄の義父から金を奪うことが目的。すぐにプッツンして暴力を振るう凶暴な男。麻取義辰(まとりよしみつ)
延人の父親。複数の人格を使い分ける超一流の単独詐欺師。親バカ。窪(くぼ)
頭がバツグンに切れる暴力団員。義辰の指示で働いている。

恭一(きょういち)
窪の手下で、用心深い。今風の若者。

web漫画の無料立ち読みはこちらから!
▼ ▼ ▼
マイホームヒーロー

「マイホームヒーロー」第1巻のあらすじネタバレ

主人公の鳥栖哲雄は、どこにでもいるしがないサラリーマン。

一人娘の零花を溺愛していて、「学業に専念する」ために零花の一人暮らしを認めたものの、悪い虫がつかないかと心配しています。

ある日、ファミレスで待ち合わせをした2人でしたが、やってきた零花はサングラスにマスク姿。

哲雄は零花のサングラスやマスクを外させるると、その顔には殴られた傷跡が残っていたのです。

誰に殴られたのか?と問い詰める哲雄に、嫌気がさした零花は店を飛び出してしまうのです。

零花の身が危ないかもしれない・・・、そう考えた哲雄は零花が一人で暮らすマンションに行きます。

室内に置かれている物から男の存在を察知したところ、誰かがマンションに入ってくる気配が。

クローゼットの中に隠れて様子を見ていると、男が室内に入ってきて電話で会話を始めたのです。

この男は零花の彼氏・麻取延人(まとりのぶと)で、電話の会話から、哲雄の義父から金を奪おうとしていること、そのために零花と付き合っていること、これまでに酔っ払って2人の元カノを殴り殺していることが分かったのです。

おまけに、零花をぶっ殺してやる!!とキレてしまう延人。

可愛い娘を守るため、哲雄は機転を利かせて延人を殺害してしまうのです。

そこへ哲雄の妻である鳥栖歌仙(とすかせん)がマンションに現れます。

2人は娘の零花に見つからずに延人の死体を処分しようとするのですが・・・。

実は延人の父親・麻取義辰は超一流の詐欺師で、金の力でヤクザを手下にしているような人物。しかも、親バカと言ってよいくらい息子の延人を溺愛しているのです。

すぐに暴れだす延人の監視を暴力団の窪に任せていた義辰ですが、延人の行方がわからなくなったため、すぐに捜索するよう指示を出します。

ここから、哲雄と暴力団の窪たちとの頭脳バトルが始まるのです。

漫画「マイホームヒーロー」第1巻の感想

いやぁ~、ほんと、おもしろかったです。

哲雄は、どこにでもいるしがないサラリーマンで、かなりのへタレ&娘溺愛のマイホームパパなんですが、推理小説を自分で書くだけあって、頭が良く機転が効くのです。

娘の身を案じて殺人を犯してしまうものの、淡々と死体を処理したり、自分が監視や盗聴されていることに気づいて、その裏をかいていく様子は、本当にスリリングです。

とは言え、へタレっぷりも発揮してくれるので、それが息抜きとなってメリハリをつけてくれますし、妻の歌仙(とすかせん)が肝が据わっているのか天然なのか、とにかくドッシリと構えているところも良い感じなんですね。

話の展開もスピーディーで、読んでいてグイグイと引き込まれる「マイホームヒーロー」、おすすめですよ!

omotanemanga