SF漫画好きに読んで欲しい!「五佰年BOX(いほとせボックス)」1巻のあらすじ・ネタバレ・感想

講談社イブニングに連載の漫画「五佰年BOX」(宮尾行巳先生・著)の1巻を読みました。

ジャンルとしては「SF」に分類されるもの、読んでいてグイグイと惹き込まれていきました。

SF漫画好きの方に読んで欲しい、とってもおもしろい漫画ですよ!


五佰年BOX

*「五佰年」は「いほとせ」と読みます。「ごひゃくねん」じゃないんですね。

「五佰年BOX」の軽いあらすじ

主人公は叶多(かなた)。

少々、潔癖症なくらいで、これといった特徴のないごく普通の大学生です。

隣に住む幼馴染み・真奈の家の蔵掃除を手伝っているとき、突然、彼女の婚約者を紹介され複雑な思いになります。

というのも、真奈にとって叶多はただのかわいい弟分ですが、叶多は真奈のことを12年間密かに思い続けていたからです。

少しふてくされながら蔵の掃除を続けていると、古びた「箱」を見つける叶多。

フタを開けると、中は箱庭になっていて、昔の日本の様子が。

しかも、箱の中には人間がいて、まるで生きているように動いていたのです。

隣のおじさんからこの箱をもらった叶多は、家に持ち帰って中を観察をします。

日本の中世の頃の暮らしぶりが見て取れる箱、あまりの精巧さを不思議に思いつつも、箱の中にちょっかいを出して遊んでいたのですが、その中で暮らす一人の少女が気になります。

しかしある日、少女が野党に襲われそうになり、思わず野党の男を殺してしまったのです。

それまでは、ちょっとした人助けのつもりでちょっかいを出していたものの、夜盗とは言え、人を殺してしまったことにビビッた叶多は、隣家に行っておじさんに話を聞こうとします。

そのとき、幼なじみの真奈も呼ぶように言うと、

「真奈? だれ それ」

「ウチに娘はいないし、「真奈」なんて人間もいないぞ」

との反応が・・・。

真奈が暮らしていた部屋は、ただの物置に。

そして、真奈ではなく真樹(マサキ)という名の男がいたのでした。

突然、真奈がいない世界に変わっていることに愕然とする叶多。

この原因は「箱庭」の中の夜盗を殺したことにあるのでは?と考えます。

そして、真奈がいた世界に戻すために、「箱」の正体を探り始めるのです・・・。

【広告】

「五佰年BOX」のネタバレと感想

「五佰年BOX」は、主人公が時を越えるタイムトラベルやタイムスリップ系ではなく、主人公の時間の流れは変わらず、自分が住んでいる世界が変わっていくというもの。

偶然、手にした「箱庭」の中で営まれている人々の暮らしは、およそ500年ほど昔を切り取ったものであり、現代からちょっかいを出すと世界が変わっていくという設定なんですね。

主人公の叶多は、真奈がいた世界に戻そうと「箱庭」の秘密を探ろうとし、「箱庭」の中の少女・キサの観察を始めます。

一方、キサは、叶多の存在を感じとるものの周りからは信じてもらえず・・・。

現代と「箱庭」の中とのつながりは何か?

叶多はどうやって真奈がいた世界に戻すのか?

箱の中のキサは、これからどうなっていくのか?

?だらけの第1巻、今後の展開がとっても気になります。

(ちゃんと収拾がつけられるのか?と心配にもなってしまいますが・・・)

SF要素のみならず複雑な人間模様も描かれている「五佰年BOX」、ぜひ、チェックしてみてください。

無料の立ち読みはこちらから
▼ ▼ ▼
五佰年BOX

omotanemanga