愚者の皮の感想1。ハチャメチャなストーリー展開にグイグイと惹き込まれる名(迷)作

草野誼先生の漫画「愚者の皮」の感想、その1です。

「愚者の皮」は、交通事故と整形手術の失敗で、とんでもないブスになってしまった女性が、自分を裏切り捨て去った夫に復讐をするというストーリー。

読んでいると、ハチャメチャなストーリー展開にグイグイと惹き込まれる名(迷)作です。

愚者の皮(上巻)

「愚者の皮」の軽いあらすじ

誰もがうらやむような美貌の女性・あよ。

彼女の夫は、一流企業で将来が約束されたエリートサラリーマン・白河英馬。

二人はラブラブの暮らしを送っていたのですが、ある日、あよは交通事故にあってしまいます。

一命は取り留めたものの、顔に傷跡が残ってしまったあよは、何とか元に戻そうと整形手術を受けたのです。

ところが、その手術は大失敗、あよはとんでもないブス顔にされてしまったのです。

英馬は、変わり果てたあよの顔を見たとたん、あろうことか激しく嘔吐します。

そして、2日後には離婚届にハンコを押すように切り出したのです。

私を捨てないで!

泣いてお願いするあよに、

君の望むとおりにするよ・・・

と答えた英馬。

しかし、あよがボランティアをしている介護施設から戻ると、家から家財道具が運び出されていました。

あの男は、ここまでして・・・、そうまでして私から逃げ出したかったのか・・・

空っぽになってしまった家で、自分はこれからどうすればよいのかと、一人、途方にくれていたあよ。

屋根裏に残されたパソコンを見つけたあよは、行方が分からなくなった英馬を探そうとします。

そして、イタリアンレストランで働く英馬を見つけ出すのですが・・・、ネット動画に映っている英馬は、さわやかな笑顔で愛想を振りまいていたのです。

怒りと悲しみ、憎しみと愛情・・・。

様々な感情が交わりながらも、英馬が出て行った理由は、あよに勇気を持って一歩踏み出せというメッセージだと受け取ったのです。

昔、英馬からもらったドレスに着替えたあよは、勇気を出して彼に会いに行くのですが・・・。

web漫画の無料試し読みはこちらから!
▼ ▼ ▼
愚者の皮(上巻)
愚者の皮(下巻)

*リンク先は日本最大級の電子コミックサイト「eBookJapan」です。

「愚者の皮」のハチャメチャなストーリー展開

復讐漫画は、悲惨な思いをし続けた主人公が、憎き相手にやり返すというスッキリ感が楽しめるもの。

この「愚者の皮」も、メインの復讐相手である元・ダンナの英馬や、途中で出てくる「ひどい奴ら」に、主人公・あよが復讐をするものですが、実は復讐らしい復讐って、ほとんどないんです(笑)。

なのに、復讐劇として成り立っているのが、すごいところなんですよね。

さらに「愚者の皮」がすごいのは、他の復讐劇に比べて、ストーリー展開がハチャメチャなところなんです。

はじめのうちは、純粋な復讐劇としての流れですが、きっかけが超いいかげんな医者のめちゃくちゃな整形手術。

普通、一番恨む相手はこの医者だと思うんですが・・・、スルーしてます。

それと、あよは大金を手するのですが、その流れが突拍子がなさ過ぎるんです(笑)。

途中では、英馬に直接関係のない復讐劇が行われたり、男と女の微妙な関係の話が出てきたりします。

さらに、あよは英馬を救う行動を取ったりして、いつのまにか、復讐劇から純愛劇へと変わっていくのです。

悪く言えばストーリーの流れに一貫性がなく、行き当たりバッタリ感が強いのですが(笑)、そのハチャメチャぶりが何とも面白くて、ついつい惹きこまれてしまいました。

「愚者の皮」、ごく普通の復讐漫画にはもう飽きたという方に、おすすめします。

web漫画の無料試し読みはこちらから!
 ▼ ▼ ▼
愚者の皮(上巻)
愚者の皮(下巻)

*リンク先は日本最大級の電子コミックサイト「eBookJapan」です。

<「愚者の皮」の関連記事はこちら>

<ブスの復讐話の記事はこちら>

omotanemanga