「不倫食堂」第3巻のネタバレ。B級グルメと不倫相手と「お言葉」を紹介します

ちょっとエッチな爆笑グルメ漫画「不倫食堂」(山口譲司先生著)。

第3巻から、主人公・山寺が食べたグルメ料理と不倫のネタバレ、感想です。


不倫食堂

「不倫食堂」第3巻のネタバレ

「不倫食堂」第15話『追え!罪を掘る者』

【グルメ】

広島県・ホルモン天ぷら

【お相手】

広島支店広報部の千舞美乃(せんまい みの)。

美乃が産業スパイではないか?と内偵を命じられた山寺。

彼女を尾行していたところ、「ホルモン天ぷら」の店に入り意気投合します。

【お言葉】

美乃「ホルモン食べた後って、私の内の女性ホルモンが一気に活動し出すもの」

【感想】

ホルモンの天ぷらってあるんですねぇ、初めて知りました。

出された天ぷらを、自分で包丁で切って食べるスタイルです。

それと、「でんがく汁」という食べ物が、ホルモン汁の呼び名だそうで。

第15話は、タイトルやらお相手の名前やら、ホルモンのダジャレづくしです。

ちなみに、お相手さん・美乃は、あの最中でもメガネをかけたままでした(笑)。

「不倫食堂」第16話『くわえてみそ』

【グルメ】

青森県・味噌カレー牛乳ラーメン

【お相手】

取引先の部長の娘さん。

部長とラーメンを一緒に食べているところにやってきます。

【お言葉】

山寺「この女性は、ラーメン口の女だ!!この口を持った女性は・・・実にうまそうにラーメンをすするんだ」

【感想】

青森名物「味の札幌」味噌カレー牛乳ラーメンの紹介です。

一杯で二度楽しめるお味だそうですね。

「くわえてみそ」と意味深なタイトルですが、アッチのほうではその描写はなく、アッサリ味でした。

「不倫食堂」第17話『エッチ前』

【グルメ】

福井県・越前おろし蕎麦

【お相手】

山寺が入った蕎麦屋に偶然いた会津支店・庭戸課長の友人、掛盛みどり(かけもり みどり)。

【お言葉】

掛盛「お蕎麦は、ぶっかけが大好き」

【感想】

越前おろし蕎麦には3通りの食べ方があって、そのうちのひとつが「ぶっかけ」と呼ばれているとか。

不倫行為は、もちろん・・・。

web漫画の無料試し読みはこちら >>>  不倫食堂

「不倫食堂」第18話『打ちのめす』

【グルメ】

三重県・鳥焼き肉

【お相手】

三重県・松阪市の駅前で、書類を落とす山寺。

それを拾ってくれた二人組の女性・鳥飼ケイ子(とりかい けいこ)と華鳥ミイ(かとり みい)。

作品では華鳥ミイと行っていますが、鳥飼ケイ子と延長戦に臨むようです。

【お言葉】

鳥飼「松阪って、鳥の他にも、まだまだおいしいものがありますよね」

山寺「はい・・・、まんぼうの串焼きとか・・・、旨いです・・・」

【感想】

テーマがニワトリだったので、鳥が二羽の「不倫食堂」はしご飯、だそうで(笑)。

ちなみに、山寺が言った「まんぼうの串焼き」は、シモネタ系のシャレだと思っていたのですが・・・、調べてみたら本当にありました。

「不倫食堂」第19話『たまにはおマメ』

【グルメ】

徳島県・豆天王(お好み焼きの種類ですね)

【お相手】

敬老花桜会の料理長の奥さんで、ダンナの替わりに敬老会で料理を作る予定だった人。

【お言葉】

女性「泡立てるの上手ですから」

【感想】

いつも無理な設定の多い「不倫食堂」ですが、今回は一番と言って良いくらいのムチャ振りでしたね(笑)。

不倫行為はグルメネタと関係なかったのですが、阿波国と「泡」をかけておりました(が、これも結構、ありえない流れでした・笑)。

「不倫食堂」第20話『俺、○○男』

【グルメ】

長野県・伊那ローメン

【お相手】

接待で訪れたゴルフ場のキャディさん。ローメンの店で出会います。

【お言葉】

山寺「チャーローメンならぬソーローメン」

【感想】

ゴルフと言えば、ちばてつや先生の名作「あした天気になぁれ!」の有名な掛け声「チャーシューメーン」がありますが、こちらでは「チャーローメーン」と叫ばれていました(笑)。

不倫行為の最中は、

「スライスしてバンカー(うっ・・・、打ち過ぎ・・・)」

「フックして池ポチャ(あぁ~、返しが強すぎ)」

などなどと、ゴルフ絡みのおバカなセリフが連発でした(笑)。

ちなみに、伊那ローメン、初めて知りました。蒸した麵に羊肉とキャベツをのせた料理だそうです。

「不倫食堂」第21話『パリパリに浸る』

【グルメ】

大分県・日田やきそば

【お相手】

山寺がはいた混浴温泉でのぼせ上がったお婆さんの孫娘

【お言葉】

女性「ヤキモチを焼かれすぎて、コゲついているわ・・・」

【感想】

日田やきそばのルーツは、ラーメン屋が作るやきそばで、ラーメンと同じ麵を使って両面を焼いてパリパリ感を出すのだそうです。

アレのほうは、珍しく激しい描写でした。

おわりに

グルメとエロがコラボした笑える漫画「不倫食堂」。

主人公が出張して、B級グルメを楽しんだあと、不倫するという揺るがないワンパターンが続きますが、この安定感がなんとも心地よいですよ。

B級グルメが楽しめて、笑えて、ちょっとエッチも盛り込まれた「不倫食堂」、特に出張の多いサラーリーマンにおすすめです?

<「不倫食堂」関連記事はこちら>

web漫画の無料試し読みはこちら >>>  不倫食堂
omotanemanga