「艶聞源氏物語」番外編「寒竹庵主」のあらすじ・感想。【まんがグリム童話】

葉月つや子先生の漫画「艶聞源氏物語」(まんがグリム童話シリーズ)に収録されている番外編「寒竹庵主」のあらすじ・感想をお届けします。

こちらは、本編で藤壺の宮と女のバトルを行った王命婦が主人公で、かなりエロい内容となっています。

艶聞源氏物語

「艶聞源氏物語・寒竹庵主」のネタバレ

藤壺の宮の出家とともに退官した王命婦は、貴族の娘などに礼儀作法を教えることで身を立てていた。

あまたの男が言い寄ってくるも、それらを袖にし、つつましやかに暮らしていた王命婦。

いつも届けられる付文を、光源氏からの求愛だと思い込んでいたものの、無視し続けていました。

ある日、屋敷に忍び込む者の気配で目覚めた王命婦は、光源氏が会いにきたのでは?と、半ば期待しながら庭に出ます。

しかし、そこにいたのは、かつて藤壺の宮の里で、戯れになぐさみものにした少年だったのです。

「せお」と名乗る少年は、立派な美丈夫に成長していました。

彼は、王命婦と強引に関係を結び、下男として住み着くようになったのです。

しばらくすると、王命婦のところに噂話が聞こえてきました。

それは、光源氏が手を出しまくっていた女性の中に、帝の后となるひとが含まれており、それが原因で、須磨に配流されるというものでした。

この話を聞いて王命婦は、居ても立ってもいられなくなり、自分も須磨に行って光源氏の世話をしようと決心します。

ところが、いつも付文を送ってくる相手が王命婦の前に現れました。

それは、光源氏ではなく、彼の親友でもある内大臣だったのです。

須磨に行く理由がなくなった王命婦は、その後・・・。

web漫画の無料試し読み >>> 艶聞源氏物語

「艶聞源氏物語・寒竹庵主」の感想

頭が良くて、美人で(キツめの顔ですが・笑)、藤壺の宮と女のバトルを交わした王命婦。

いつも届く付文を、光源氏からの恋文だと勘違いし、彼が不遇の目に会うと聞くや、身をなげうって助けに行こうとします。

けなげと言えばけなげ、一途といえば光源氏に対して一途ですが、付文の相手を光源氏だと勝手に思い込むあたり、案外、間抜けなんですよねぇ。

内大臣からの文だと知ったとき、

「どうしよう。須磨に行く理由がきれいさっぱりなくなってしまったじゃない」

と焦るんです。

普段はキツイ顔でキツイ言葉を投げかける王命婦ですが、とてもカワイイところがあるんですよねw。

それと、やっぱり結構な好き者なんですよねぇ。

なんだかんだ言いながら、「せお」と関係を持つのですが、積極的に指南しています(笑)。

こうやって、「艶聞源氏物語」の番外編「寒竹庵主」は、ハッピーエンドを迎えるのでした。

この番外編は、源氏物語とは全く関係ないのですが(と思います)、読み物として、おもしろかったです。

エロシーンも多めでしたし(笑)。

web漫画の無料試し読み >>> 艶聞源氏物語
「寒竹庵主」は試し読みできません・あしからず。
<「艶聞源氏物語」関連記事>
omotanemanga