「地獄のガールフレンド」の舞台設定と感想。女ってなんなんですかね?

「地獄のガールフレンド」、すごいタイトルです(笑)。

このタイトルを聞いて、どんな漫画だとイメージされますか?

なんとなく、ホラー漫画か、被虐(男の子がイジメられる)系ギャグ漫画をイメージしませんか?

でも、ジャンルでいうとコメディタッチのヒューマンドラマと言ったところなんですね。

このタイトルと表紙絵に魅かれて、第1巻を試し読みしたところ・・・、ちょっと真面目っぽい内容で、子どもを持つ女の人の本音が描かれています。

続いて第2・3巻も試し読みしたところ、飾らない女の本音がジワジワ~っと描かれていたのです。

「もっと読みたい!」とたまらず3巻まとめて購入、読み始めたら本当におもしろくて、一気読みしてしまいました。

デトックス効果の高い、女性におすすめの漫画でしたね。

ということで、今回は、鳥飼茜先生の漫画「地獄のガールフレンド」の舞台設定と感想を記します。

ご興味のある方は、先にこちらを読んでみてください。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
地獄のガールフレンド

地獄のガールフレンド

「地獄のガールフレンド」の舞台設定

「地獄のガールフレンド」の主役は3人の独身女性たちです。

登場人物

加南(かな)(31)

4歳の子持ちのバツ1のシングルマザー。

人から“お母さん”と呼ばれることに抵抗を感じているイラストレーター。

悠里(ゆうり)(28)

初めての男性が既婚者という不倫愛だったまじめOL。

セカンドバージン。

奈央(なお)(36)

家主。年齢問わず男からモテモテ。

可愛い男の子が大好きでエッチのハードルが低い。

人気アパレルブランドのオーナー。

ここに準主役として、奈央の仕事仲間で、美青年なのに嗜好に問題のある鹿谷(しかたに)が絡んできます。

【 試し読みはこちら ↓ 】

舞台設定

「同居人募集!定員2名(+家主)ただし女性に限る!お友達のいない方歓迎!」

この貼り紙を見た加南と悠里は、奈央が家主である一軒家でルームシェアを始めます。

それぞれ、年齢も生活の背景も考え方も違う3人の共通点は、「友だちがいない」こと。

この3人に、”処女にしか興味がない”イケメン・鹿谷が絡んできて、それぞれの”女として思うこと”を語りあっていくのです。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
地獄のガールフレンド

「地獄のガールフレンド」の感想

3人が同居を開始した夜、皆ですき焼きを囲みます。

鹿谷が

 女性が3人集まったわけですし

 ここは皆さん お友達として ひとつ仲良く

と、乾杯の発声を始めます。

すると、3人が、

ちょっとまって鹿谷君 それなんかつらい

 私も 外堀から埋められるかんじ

と拒否します。

そして、誰ともなく

友達なんて・・・

 1回お話ししたとか ひと所にたまたま集まったくらいのことで・・・

 友達になれるほど 甘たるいもんじゃないっての

という気持ちが・・・。

「地獄のガールフレンド」では、メインである3人の女性の誰かに出来事があり、それについて本音で語り合うというスタイルがとられています。

3人は、たまたま同居することになっただけで、お互いの関係も上に記した考え方からのスタートですが、かなり早い段階から、ほとんどお互いに遠慮することなく本音をぶつけ合っていきます。

テーマは恋愛絡みが多く、そこで語られる本音は、飾りっ気がなくジワジワ~っとしたものばかり。

女性の皆が皆、そうではないのでしょうけれど・・・、「女の人って、こういうことを考えてるのかぁ」と、気付かされたり、感心させられることがい~っぱい出てきます

【 試し読みはこちら ↓ 】

一方、鹿谷が言う「男の意見」は、「そうそう、その通り!」とすごく納得できるものが多いんですね。

一番共感できたのは「女ってなんなんですかね?」って一言でした。

3人の女性の意見は一致しないことが多く、鹿谷は全然違う視点でちょっかいを出してきます。

どれが正しくて、誰が間違っているといったものではなく、「自分はこう思う」という本音が語られていて、良い意味での感心・関心のため息が出てきましたね(笑)。

あと、なぜ「地獄のガールフレンド」というタイトルがつけられたのか?その意味を考えながら読んでいたのですが、それは結局、分からず仕舞いでした・・・(苦笑)。

「地獄のガールフレンド」、自分のことを「オバサン」と自覚しているアラサー独身女性3人の飾らない本音と、20代前半男性のストレートな本音が楽しめますよ。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
地獄のガールフレンド

<「地獄のガールフレンド」関連記事>

<こちらもどうぞ>

omotanemanga