「賭ケグルイ」第7巻のあらすじと感想。ド変態女生志摩妄がまたまたやらかしてくれます

こんにちは。

TVアニメ絶賛放映中の「賭ケグルイ」、今回は第7巻のあらすじとみどころの紹介です。

ド変態女生志摩妄がまたまたやらかしてくれますよ(笑)。


無料の立ち読みはこちら >>> 賭ケグルイ

「賭ケグルイ」第7巻のざっくりとしたあらすじ

生徒会の役員たちを次々とギャンブルで打ち負かしていく主人公・蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)

百花王学園を自らが作り上げた水槽と称す生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)は、夢子を「水槽を歪ませ、食い荒らす輩」と決めつけます。

そして、「だからこそ、もっともっと掻き回したい」と生徒会長選挙を断行することにしたのです。

(よく分からないですが・・・笑)

もちろん、選挙戦はギャンブルによって行われます。

百喰一族の分家から8名の代表を招き、生徒会長選の座を巡っての戦いが開始されるのでした。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
賭ケグルイ

「賭ケグルイ」第7巻の感想

桃喰一族の登場

生徒会長選挙には、桃喰綺羅莉が一族の当主を務める百喰一族から、8人の分家代表が参加してきます。

御付の人もいますが、分家代表は全員、女性です。

彼女達は、政財界に絶大な権力をもつ百花王学園の生徒会長の椅子とともに、百喰一族の当主の座も狙ってるのですね。

ちなみに、蛇喰夢子も百喰一族です。

百花王学園の生徒会・役員たちは、仰々しく登場する割には線が細く、ソッコーで夢子に負かされていましたから(笑)、新たな強敵たちの出現は必要だったのでしょうけど・・・、いよいよ、バトルものの王道パターンにはいってきた感じですね。

指きりギロチン

選挙戦一発目の夢子のギャンブルは、名づけて「指きりギロチン」。

プレーヤーは各々、ギロチン台の下の穴に指を入れ、刃を吊るしてある20本のヒモを順番に切っていくというもの。

いつ、誰が「当たり」のヒモを切っても勝敗に関係なく、決着は「穴から早く指を抜いてしまった者の負け」。

チキンレースです。

ド変態女・生志摩妄の登場!

このゲームにぴったりなのが、やっぱり、ド変態女生志摩妄(いきしま みだり)です。

自分で自分にロシアンルーレットの引き鉄を引くような変態ですからね。

夢子に「指きりギロチン」を仕掛けてきた蟲喰恵利美(むしばみ えりみ)と図書準備室にはいったところ、そこに妄の姿が。

妄は、夢子が好きで好きで大好きで、一緒にギャンブルをやりたくて仕方ありません。

一方、夢子は妄のことが鬱陶しいんですよね。

なので、妄から「やろうぜ・・・、ギャンブル!」といわれたときの夢子の嫌そうな顔ったら・・・(笑)。

いつでもニコニコ、誰にでも愛想の良い夢子ですが、妄に対してだけは、露骨に嫌そうな態度を取るのがおもしろいのです。

もちろん妄は、「指きりギロチン」に喜んで参加します。

見どころは、ギャンブルをやっている最中の妄。

この女、やっぱりどうしようもない変態で、ヒモが切られるごとの反応には笑わせてもらえます。

そして、最後に妄は、またまた、いらぬことをやらかしてしまうのです(笑)。

ブチ切れた夢子は、

「糞はあなたです。生志摩さん」

「二度と私の前に姿を現さないでくださいませ」

「不快です」

と言い捨てます。

自業自得とは言え、大好きな夢子から、ここまで言われてしまった妄、めっちゃ可哀想な気もしますが、また性懲りもなく絡んでくるんでしょうね。

賭ケグルイ」第7巻は、百喰一族の蟲喰恵利美ではなく、ド変態女生志摩妄が際立った巻でした。

「賭ケグルイ」「賭ケグルイ妄」web漫画の無料立ち読み

  ↓ ↓ ↓

こちらのebookjapanは、管理人が愛用しているweb漫画サイトです。

PC・スマホ両方が使えて、1巻まるごと無料の試し読みも充実していますよ。

Amazon・Kindle版はこちら >>> 賭ケグルイ

<「賭ケグルイ」関連の記事はこちら>

omotanemanga