「1日外出録ハンチョウ」のネタバレ。ニヤッと笑いたい方におすすめの漫画です

こんにちは。

今回は、「1日外出録ハンチョウ」のネタバレと感想です。


1日外出録ハンチョウ

「ハンチョウ」って何者?

「1日外出録ハンチョウ」は、賭博漫画シリーズ「カイジ」からのスピンオフ漫画です。

(同じ「カイジ」からのスピンオフとして「中間管理録トネガワ」がありますね・笑)

主人公・ハンチョウは、「賭博破戒録カイジ」に出てきたE班・班長の大槻という人物です。

悪徳金融会社・帝愛に金を借りて首が回らなくなった劣悪債務者たちは、地下施設に送り込まれ、そこで強制労働させられます。

債務者たちは、収容所内では班分けされており、班長には特権が与えられています。

その特権とは、就労者のガス抜き及び労働意欲の向上を目的とした娯楽を班長の下で執り行う権利。

これによって、班長には物品の販売とともに賭場の開帳が認められているのです。

「賭博破戒録カイジ」では、大槻班長は、冷えたビールや柿ピーなどなど、肉体労働の後には「堪らない」商品を法外な値段で売りつけたり、イカサマのチンチロリンを行って、収容者のなけなしのお金を搾取する極悪非道の存在でした。

しかし、カイジにイカサマを見破られた上に、立会人公認のイカサマ返しにあい、それまでせっせと貯めこんでいた有り金をほぼ全て吐き出すことになるのです。

大槻班長は、このように小ズルイ敵役だったのですが、「1日外出録ハンチョウ」では、見事、主役に抜擢されました(笑)。

web漫画の無料試し読みはこちら
 ↓ ↓ ↓
1日外出録ハンチョウ

「1日外出録ハンチョウ」の設定

帝愛の地下収容所には、勤労奨励オプションとして、大量の地下通貨を払うと、一日外出する権利を買うことができます。

「1日外出録ハンチョウ」では、班長・大槻がこの「一日外出券」を使って、外の世界で過ごす様子を描いたものです。

ちなみに、「1日外出券」の値段は50万ペリカ。

地下収容所で労働で手にできるお金は、月9万ペリカなので、約半年働かないと「1日外出券」はゲットできません。

「1日外出録ハンチョウ」では、大槻班長は頻繁に外出していますので、時代はおそらくカイジとの勝負の前、チンチロリンでイカサマをやっていた頃なんでしょうね。

「1日外出録ハンチョウ」のネタバレ

同じスピンオフものである「中間管理録トネガワ」では、暴君のオーナー社長に仕える中間管理職の悲哀を赤裸々(おもしろおかしく)描いていますが、「一日外出録ハンチョウ」では、時間の有効な使い方が描かれています。

言ってみれば、サラリーマンが1日だけ有給休暇を取ったときに、どう過ごすか?みたいなことですか、ね。

「1日外出録ハンチョウ」の見どころは、限られた時間を彼がどう過ごすかにあるんですね。

「1日外出券」をゲットした債務者は、わずかな時間も無駄にしたくないと、パチンコ・キャバクラ・肉・酒・女に走ります。

しかし、大槻班長ともなると、もう慣れたもの。余裕で外出を楽しみます。

では、ここで少々、ネタバレを。

web漫画の無料試し読みはこちら
 ↓ ↓ ↓
1日外出録ハンチョウ

第一話「玉座」

第一話の「玉座」では、スーツを仕立ててサラリーマンスタイルになった後、立ち喰いそばやに向かいます。

そこで、昼日中から生ビールをガンガン飲み、店内にいるサラリーマンの中で「唯一、酒が飲める地位」に君臨するのです。

第四話「飲芋」

第四話の「飲芋」では、銀座にある各道府県のアンテナショップ巡りをして、ご当地の特産品を楽しみます。

ちなみに、監視についてきた「黒服」は、班長の誘惑に負けて一緒に酒盛りをはじめてしまいます。

第六話「前世」

第六話「前世」では、同じ収容所にいる男と同じ日に外出となります。

班長にとっては、どうでも良いパッとしない男、なのに、グルメ通として行く店、行く店全部が被りまくります。

  • シナモンたっぷりのアップルパイにロイヤルミルクティ
  • ラーメン、麵かため油抜き野菜ニンニクマシマシ
  • ハンバーガー
  • ソフトクリーム

そしてやってきた海鮮丼屋では、「ネギトロ丼ねぎ多め」とまたまた注文が被ります。

だが、パッとしない男は、豆板醤にうずらの卵をかけていただくのです。

冒険できない班長。

しかし、パッとしない男に無言でうながされて”ダイブ”した班長は、あまりのうまさに感激。

「中々やるな」と声をかけるも、外出時間はオーバーとなった男は、車で連行されていくのです・・・。

この話のタイトル「前世」は、地下収容所でパッとしない男を見つけたとき、班長が問いかけた言葉から来ていますね。

このように、「グルメ」系の話が多いですが、それ以外にも、債務者たちをワナにはめる話や、ボッタクリ商品を買い出す話なんかもあります。

「カイジ」シリーズとはもちろん、「中間管理録トネガワ」とも一味も二味も違うギャグテイストの「1日外出録ハンチョウ」。

ニヤっと笑いたい方に、おすすめの作品です。

web漫画の無料試し読みはこちら
 ↓ ↓ ↓
1日外出録ハンチョウ

<「1日外出録ハンチョウ」第2巻の記事はこちら>

「1日外出録ハンチョウ」第2巻のネタバレ・感想です! グルメ色が強かった第1巻に引き続き、第2巻では旅行色も強まっていますよ。 ...
<あわせてどうぞ>
omotanemanga