「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第4巻のあらすじ。見どころは好き放題に暴れまくる魔法少女たち

こんにちは。

佐藤健太郎先生の漫画「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第4巻のあらすじです。
本作品では再び、魔法少女たちによる殺戮が繰り広げられます。

魔法少女・オブ・ジ・エンド

「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第4巻のあらすじ

魔法少女たちの攻撃を受け、絶体絶命となる児上貴衣たち。

しかし、目の前にいた魔法少女たちは一瞬にして消え去ります。

ふとビルの屋上を見上げる貴衣の目には、黒マントを着た者とぬいぐるみを着た者たちの姿が。

自衛隊に救助された児上貴衣たち4人は、そのままヘリに乗って、つくねたちのいる大学病院に向かいます。

一方、意識を取り戻したつくねに異変がおきます。これまでの頼りない少女とは一変して、凶悪な面相となっているのです。

つくねは、父親に魔法少女達は自分が思い描いたものであること問い、父は、つくねに向かって「あすか」と呼びかけます。

病院の中では、縦ロール・ヘアーの最悪の魔法少女が登場します。

こいつは、いままで倒した魔法少女を次々と甦らせていくのです。

その中には、あのおしゃべりの寄生魔法少女も・・・。今度はマッチョなボディになって暴れまくります。

 web漫画の無料試し読みはこちら >>> 魔法少女・オブ・ジ・エンド

「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第4巻の見どころ

「魔法少女・オブ・ジ・エンド」第4巻の見どころは、何と言っても次々と甦ってくる魔法少女たち。

どれも皆、とても個性的で、攻撃の仕方もそれぞれ異なっています。

それと、魔法少女たちが口にする唯一の言葉、「まじかる-」も、違いがあるんですよ。

髪や身体に☆マークがついているのは、「まじかるー☆」

ブルドッグみたいなのは、「まじかるゥゥウウ」

和風の奴は、「魔慈華流ー」

怒ってるぽいのは、「まじかるー#」

そして、ちょっとイッちゃってる奴は、「ま・・・じ・・・か・・・る・・・」

作品中は、フォントも違っています。

こんな魔法少女たちの殺戮ぶりは、似たり寄ったりの傍若無人さ。好き放題に暴れまくるのです。

特に本巻では、「良い人」が何人もやられてしまいます。その場面が、実に痛々しいのです・・・。

そして、凶悪な「あすか」状態となっているつくねと父との会話から、この惨事の背景が少しだけ見えてくるのです。

 web漫画の無料試し読みはこちら >>> 魔法少女・オブ・ジ・エンド

こちらで第1巻まるごと立ち読みキャンペーンを行っています! 7/19までなので、お早めに!


魔法少女・オブ・ジ・エンド第1巻

Amazon・Kindle版はこちら >>> 魔法少女・オブ・ジ・エンド

<関連記事>

omotanemanga