「後遺症ラジオ」第5巻(中山昌亮著)の「実話怪談」が洒落にならないくらいヤバイ

こんにちは。

ジワジワ~っとした恐怖が味わえるトラウマ漫画「後遺症ラジオ」。

このコミックス第5巻に「実話怪談」という2つの短編が収録されています。

これらの作品、本当に洒落にならないくらいヤバイのです。

「実話怪談」の背景

「実話怪談」は、「後遺症ラジオ」の作者、中山昌亮先生が、ご自身の実体験を描いた作品です。

先生は「後遺症ラジオ」を執筆中、突然「特発性血小板減少性紫斑病」という難病に冒されました。

これは、特定不能の原因で血小板が破壊され、血が止まらなくなるという難病で、2~3ヶ月の入院を余儀なくされ、その間、執筆を中断されました。

(現在は回復されているご様子で、何よりです・嬉)

先生がこの症状をはじめて自覚したのが、アシスタントにとある話をしているとき。

そして、その話の核心が、先生の病気の原因ではないか?というのが「実話怪談」の背景なのです。

「実話怪談」のネタバレ

「実話怪談」と称している作品は、

  • 後遺症ラジオ 実話版
  • 後遺症ラジオ 実話版 その前後・・・・・・

の2編あります。

後遺症ラジオ 実話版

「後遺症ラジオ 実話版」で描かれているのは、先生が東京から札幌に引っ越された事務所にまつわることです。

東京に比べて、とても安い家賃に満足されていたのですが、事務所ではいくつかの不思議なことが起きたのです。

例えば、電話の混線。

あるいは、入居者のいない部屋での足音。

あるいは、エントランスの不快な臭いや電気・水まわりの不具合の頻発など。

大家さんとのトラブルをきっかけに引越しを行ったのですが、その際、「クローゼットの中にあるもの」が物理的な異変が起きたとか。

新事務所に引越し後、そんな話をアシスタントにしていたところ、中山先生は自分の身体の異変に気付いたのです。

後日談として、怪談蒐集家やアシスタントの話が描かれています。

そして、先生は、異変の原因は「クローゼットの中にあるもの」ではないか・・・?と考えられているのです。

後遺症ラジオ 実話版 その前後

前編である「後遺症ラジオ 実話版」が雑誌に掲載された前後に、中山先生の周りでさまざまな出来事が起きたため、無視することができずに描かれたのが、

「 ~ その前後・・・・・・」

です。

まずは、「後遺症ラジオ 実話版」に関する不思議な出来事として、ご自身のエピソードを語るイベントに際して全ての時計に不具合が生じたこと、怪談蒐集家の周りでラップ現象が起きたこと、友人・知人が病気やケガをされたことなどが描かれています。

そして、話は本論、旧事務所で起きた具体的な出来事に移って行きます。

ここでのキーポイントは、事務所で黒いものが目撃されたことと、それに関係したアシスタントが突然来なくなったり体調を壊した、というもの。

それらは、もしかしたら「クローゼットの中にあるもの」に関わりがあるのかも・・・。

おわりに

「後遺症ラジオ 実話版」2編は、中山先生がご自身で経験されたことを、淡々と描かれています。

特に誇張することもなければ、原因(=結論)を断定することもなく、ただただ、淡々と描かれているのです。

なのに・・・、読んでいて感じる恐怖感は、ハンパではありません。

そして、読む進めることで、もしかしたら自分の身にも何かが・・・、ついつい、こう考えてしまうヤバイお話なのです。

「後遺症ラジオ 実話版」、私は本編以上の恐怖を感じました。

苦手な方は、この話には手を出さないほうがよいと思います。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
後遺症ラジオ

<関連記事>

こんにちは。 今回は、中山昌亮先生の恐怖漫画「後遺症ラジオ」のネタバレと感想です。 ジワジワ~っとした恐怖が味わえるトラウマ漫画...
あなたは、どんなジャンルの漫画がお好きですか? 私(管理人)が一番好きなのは、ドロドロとしたヒューマンドラマ系ですが、ホラー系...
omotanemanga