「社畜!修羅コーサク」第1巻のネタバレ。笑えます

こんにちは。

今回は、江戸パイン先生の漫画「社畜!修羅コーサク」第1巻のネタバレ紹介です。

笑えます。


社畜!修羅コーサク

「社畜!修羅コーサク」とは?

「社畜!修羅コーサク」とは、サラリーマン・図画コーサクが主人公のビジネス漫画(笑)です。

武辣苦商事(ぶらっくしょうじ)に勤務するコーサクは、墓多死社(はかた支社)に左遷されます。

新しい職場で、さまざまな困難がコーサクに襲いかかりますが、東京本社で培ってきた社畜技を武器に乗り越えていくのです。

web漫画の無料試し読みはこちら
↓ ↓ ↓
社畜!修羅コーサク

「社畜!修羅コーサク」第1巻のネタバレ

第一話「左遷!修羅コーサク」

墓多(はかた)にとばされた図画コーサク。

そこは、物乞いをする子どもたちがあふれ、女子高生と結婚したことが理由で磔にされるサラリーマンがいる不穏な町。

コーサクは、ボスと呼ばれるモヒカンヘッドの雑魚キャラの怒りを買います。

しかし、社畜として培ってきた「お辞儀」で、危機を乗り越えるのです。

第二話「お局を懐柔せよ」

どんな会社にでもいる「お局」。

武辣苦商事墓多死社にも、立派なお局様がいます。

あがめているうちはおとなしいが、粗末に扱うとたたられる、そんなお局様。

コーサクは「社畜リサーチ」を駆使してお局様の好きな物をリサーチし、墓多死社の男性社員に支配からの解放をもたらしたのです。

第三話「101回目の風呂ウォーズ」

左遷されてから1週間、コーサクは「悪臭」を漂わせていました。

彼が入居したアパートのお風呂は「バランス釜」というとても古いタイプで、使い方が分からなかったのです。

課内で一番オシャレでイケメンなフアク山に、バランス釜の使い方を教わるコーサク。

そのとき彼は、必殺の「社畜リスニング」を駆使し、元ヤンキーで何を話しているか分からないフアク山を怒らせることなく聞き出すのです。

第四話「コーンチ、SETTAIしよ」

フアク山の取引先(株)MENTAIの担当を引き継ぐことになったコーサクは、部長の太良子(たらこ)を接待することになりました。

フアク山の指示どおりの段取りを行うも、太良子部長の不興を買うコーサク。

実は、コーサクの存在に危機感を抱いたフアク山が、接待を失敗させようと画策していたのです。

怒り出す太良子部長にコーサクが繰り出したのは「社畜謝罪」。

さらに、屋台での理不尽な仕打ちに耐えたコーサクは太良子部長の信頼を得るのです。

第五話「白く儚いものたち<前編>」

麺類好きの多い墓多は、「白い粉」(=小麦粉)に支配された町。

コーサクは、そんな「白い粉」を牛耳る会社・E友製粉所を訪れます。

社長や社員の前で、宴会芸を披露する他社の営業担当者たち。ここでは、コナレディ(社員)をホッコリさせた者が、より多くの粉を仕入れられるという取引ルールがあったのです。

コラーゲンの物まねを披露したコーサク。

しかし、結果は不合格となり、奈落の底に落とされるのです。

第六話「白く儚いものたち<後編>」

奈落の底に落とされたコーサク。

そこでは大勢の社畜たちが、臼で粉をひかされていました。

もちろん、コーサクも強制労働させられます。

便所掃除1ヶ月の労務と引き換えにトランプをゲットしたコーサクは、ソリティア(仕事さぼりでサラリーマンに愛用されているPCゲーム)を楽しみに粉をひく毎日を過ごします。

やがて粉長となったコーサクは、これまで誰も作り得なかった最高の粉をひくのです・・・。

おわりに

左遷、お局、接待、取引先からの理不尽な要求・・・。

サラリーマンなら、一度は経験するであろう悲哀?の場面を、「社畜!修羅コーサク」は面白おかしく描いています。

パロっている人物のモデルは、福岡県をはじめ九州出身の人が多いです。

(誰なのか、よく分からない人物も登場しますが)

会社で仕事をしている方なら、大笑いすると思いますよ。

web漫画の無料試し読みはこちら >>> 社畜!修羅コーサク
Amazon・Kindle版はこちら >>> 社畜! 修羅コーサク

<あわせてどうぞ>

omotanemanga