「柔道部物語」のあらすじと見どころ。何度読んでも共感し感動するスポーツ漫画の大傑作

こんにちは。

今回は、小林まこと先生の大傑作「柔道部物語」のあらすじと見どころのご紹介です。

何度読んでも共感し、感動するスポーツ漫画の大傑作です。


柔道部物語

柔道部物語のあらすじ

柔道部物語は、前半は田舎の高校によくある柔道部を舞台としたコメディ、後半は(ギャグテイストは残しながらも)主人公が柔道で日本一を目指す「スポ根」ものという流れになっています。

前半のあらすじ

三五十五という変な名前の主人公は、どちらかというと文系のどこにでもいる男子です。

岬商業高校に入学した三五は、2年生・小柴から耳触りのよい言葉で勧誘され、柔道部に入部。

ところが、入部初日に「セッキョー」という柔道部伝統のしごきを受け、完全に騙されていたことを知ります。

たくさんの退部者が出る中、「このまま終わったのでは悔しい。来年は自分が『セッキョー』をしてやる」と心に誓い、部活を本格的に開始するのです。

岬商業高校柔道部は、県内では有力であるもののトップクラスではないレベル、強豪校との合同合宿では完全に落ちこぼれモードのていたらくです。

同校の監督は、不世出の大天才と言われながら、練習嫌いと試合中に気を抜くクセがたたり、日本代表になれなかった五十嵐先生。

奥さんと「もし、岬商がインターハイに出られたら新車に買い換えてもよい」と約束した五十嵐は、天才特有の人に教えることが苦手なタイプで、適当な指導しかできませんが、部員たちは天才の技を直接、身体で教わり、メキメキと強くなっていきます。

その中でも主人公・三五十五は、筋力、スピード、そして、一本背負いという得意技を身につけ、驚異的な成長を遂げていくのです。

後半のあらすじ

一本背負いを武器に、県内の競合たちと競い合いながら、成長を続けていく三五。

やがて、全国大会に出場する選手となり、怪物・西野と出会います。

小柄ながら超怪力の西野は、それまでの柔道の常識を一変させる破壊力を持つ選手。

対戦した三五は、完膚なきまでに叩きのめされ、どうしようもなく落ち込んでしまうのですが・・・。

柔道部物語の見どころ

柔道部物語は、コメディタッチでありながら、スポーツの王道を貫く傑作。いたるところに見どころ、読みどころが満載です。

スポーツ系部活あるある

まずは、スポーツ系部活あるあるネタ。

(と言っても、今ではほとんど行われていないことでしょうけど)

2年生が新入学生の教室に行って、入部を勧誘するシーン。

竹刀で黒板を叩いて、「目をつぶれ~!」と怒鳴り、有望な新入生を勧誘します。

また、柔道部の先輩・小柴は、練習見学に来た三五に入部しようとしていた吹奏楽部は「廃部になった」とウソをつき、さらに

「髪型自由、練習は1日1時間半と短く土日は休み、教室掃除は免除、女子にはもてる、就職にいい、月1回は文化部の女子とレクレーションまであるぞ~」

と勧誘。

運動部、それも、柔道部がこんなに虫のよい部活なわけがないのですが、何もしらない三五はコロっと騙されるわけですね。

強豪校との合宿では、ビシバシと厳しい体罰を与える他校の先生にビビったり、一瞬、やる気を出すものの体力が追いつかずヘトヘトになったり。

これら以外にも、高校のスポーツ系部活で「あるある」と思えるお笑いネタが随所に描かれています。

練習を重ねて成長していく姿

柔道部物語では、いわゆる必殺技は出てきません。

それぞれの選手は、得意技はあり、主人公・三五も背負い投げを決め技としていますが、「物理の法則を無視した突拍子もない必殺技(笑)」は誰ももっていないのです。

筋力や基礎体力をつける地道な練習。

天才柔道家・五十嵐先生との取り組みを通じて、身体で覚える技。

部内でのライバル競争や他校の強豪たちとの実戦。

これらを通じて成長していく様は大きな見どころです。

とぼけたセリフまわし

小林まこと先生の作品に共通している「とぼけたセリフまわし」も見どころのひとつ。

鷲尾、小柴、名古屋といった濃いキャラが発する言葉には、思わず吹きだしてしまいますよ。

怪物西野との対戦を前に、チームの部員に対して、

鷲尾:「まかせとけえ!!西野はもといじめられっ子かも知れねえが、何を隠そう俺は元いじめっ子だったんだ

対戦相手となる選手がハンサムなことに対して、

小柴:「フン、安心しろ。奴は確かにハンサムかもしれんが女にはモテてねぇはずだ

秋山:「え!!本当ですか?!」

村井:「それはなぜですか?!」

小柴:「それは・・・・柔道部だからだ

真面目に練習している下級生に対して、

名古屋:「こらあっ!!そんなやり方じゃダメだ!!

下級生:ハアッハアッ「それはなぜですか?」

名古屋:「疲れるだろ

感動のクライマックス

一番の見どころは、金鷲旗全国高校柔道大会決勝戦。

団体での勝ち抜き戦であるこの大会、決勝は三五率いる岬商業と、宿敵西野の講談館浦安。

同じカードであった春の大会の決勝では西野一人に五人抜きされ、完膚なきまでに叩きのめされた岬商。

金鷲旗では死闘を繰り広げる岬商の各部員。

そして、今回、三五と西野は大将戦でぶつかります。

劣勢ながらも土壇場で追いついた三五は、延長戦でついにエンジン全開となるのです。

ここに至るまでの三五の顔つき、落ち着いた行動、仲間にかける一言一言には、鳥肌が立ちまくります。

そして、試合が決する場面は感動的で、何度読んでも涙があふれ出ること請け合いです・・・。

後日談では、ライバル西野が登場し、あらたな展開が期待されましたが、物語はここでおしまい。

最後は、笑わせてくれるエンディングとなっています。

1人の平凡な男子高校生が、努力によって才能を開花させ、高校日本一の柔道選手に成長していく「柔道部物語」。

何度読んでも共感し、感動するスポーツ漫画の大傑作です。

強く強くおすすめします!

web漫画の無料試し読みはこちら >>> 柔道部物語

omotanemanga