「神の左手悪魔の右手」の軽いネタバレ。エグさグロさがはんぱない漫画

こんにちは。

今回は梅図かずお先生の「神の左手悪魔の右手」の軽いネタバレです。

「神の左手悪魔の右手」は、スプラッターホラー漫画で、ストーリーはあってないようなもの、とにかく描写がエグくてグロテスクなのです。

そのエグさグロさの多くは、生きている人間の体から異物が出てくるところにあります。

「神の左手悪魔の右手」の主な登場人物は悪夢をよく見る小学生の少年、山の辺想(やまのべそう)とその姉、山の辺泉(やまのべいずみ)。

が見たエグイ夢は、次々と現実のものになっていくのです。一方、姉、泉はのことを信じないながらも、のせいでいろいろな被害にあうのです。

それが、どんな被害かと言うと・・・。

目からハサミが飛び出してくる

物語のスタートシーンは、うなされている少女。そう、姉の泉です。

彼女の両目を突き破って、ハサミが飛び出てきます

口から大量の泥が

別の場面では、想が夢を見たとおり、泉がいろいろなものを吐き出していきます。

まずは、泥。その量がはんぱでなく大量なのです。泉がいた教室は、吐き出した泥でいっぱいとなります。

人間の骨を吐き出す

苦しみにのたうちまわる泉。しかし、吐き出すものは、泥だけでおわりません。

次に吐き出すのは、人間の骨。しかも全身の骨5体分を吐き出すのです。

これら以外にも、蜘蛛を吐き出したり、身体が2つに分裂したりとエグくてグロい描写だらけなんです。

さて、「神の左手悪魔の右手」のエグさグロさがはんぱない描写、思わず目を背けたくなりますが、もし、自分が泉だったらと想像してみたら、そして、自分の口から大量の泥が出てきたり、人間の骨が出てきたり、目を突き破ってハサミが飛び出してきたら・・・。

想像するだけで、ムカムカっとイヤぁ~な気持ちになりませんか・・・?

だけど、怖いものみたさで、ついつい、読み進めてしまうもの。

ホラー漫画には、どうしようもない中毒性がありますね(苦笑)。

神の左手悪魔の右手

<こちらもどうぞ>

こんにちは。 今回は佐藤洋寿先生の残虐ホラー漫画「屍牙姫(シガヒメ)」のご紹介です。 エグくてグロくて悲惨な漫画です・・...
あなたは、どんなジャンルの漫画がお好きですか? 私(管理人)が一番好きなのは、ドロドロとしたヒューマンドラマ系ですが、ホラー系...
こんにちは。 ジワジワ~っとした恐怖が味わえるトラウマ漫画「後遺症ラジオ」。 このコミックス第5巻に「実話怪談」という2...
今回は池辺かつみ先生の残酷な漫画「夜見の国から~残虐村奇譚~」の感想を。この作品は、「津山事件」と呼ばれる実際に起きた大量殺人事件が...
omotanemanga